消費者金融の借り換えとは?


現在借入している消費者金融の金利が高いと感じる場合は、金利の交渉をしてみましょう。
利用実績が好ましければ、引き下げに応じてくれることもあるでしょう。
過去に延滞をしたことがある方、契約してから間もない方などは、交渉に応じてくれない可能性が高いです。
消費者金融としては金利を下げると利益減につながるため、本音は下げたくありません。
限度額の増額交渉よりも、金利の引き下げ交渉のほうが成功率は低いと考えていいでしょう。
交渉に失敗した場合は、今よりも高待遇の業者に乗り換える方法の借り換えをするしかありません。
借り換えで大切となるのは、今よりも低金利の消費者金融を探すことです。
金利が同じなら借り換えする意味はほとんどありません。
複数社から借入している状況ならば、1社におまとめをして返済を楽にすることは可能ですが、1社から1社に乗り換えする場合は何よりも金利がポイントとなります。
ただキャッシング同士で比較をした場合、金利に大きな差はありません。
18.0%が17.8%に下がる程度であり、毎月の返済額に大きな差は出ないでしょう。
そこで、おまとめローンを用意している消費者金融を探してみましょう。
おまとめ専用ローンの場合は、通常のキャッシングよりも数%ほど低くなっていることが多いです。
ただ、おまとめ資金以外の借入はできない場合があるので、キャッシングのようにお金に困ったときに融資を受けることはできない場合があります。
乗り換えするローンの用途は、よく調べておくべきでしょう。

関連記事